訪問事業概要


 NPO法人・言語障害者の社会参加を支援するパートナーの会・和音は、失語症の人のコミュニケーションを支援する目的で、会話パートナーの訪問事業を行います。

 

1. 対象

① 失語症があるために交流が少なく、会話の相手を望んでいる人

② 余暇や社会参加のための外出時に、コミュニケーションを助けてもらいたい失語症の人

 

 

2. 訪問システム

① 定期訪問

・ 初回はコーディネーター(言語聴覚士:ST)と会話パートナーが訪問し、訪問が適当かどうかの判断を行う。

・ 訪問は原則2回/月、6ヶ月とする。更新は可能。

・ 3ヶ月ごとにコーディネーターが本人・家族と連絡を取り、見直しを行う。

② 不定期訪問

・ 初回はコーディネーター(言語聴覚士:ST)と会話パートナーが訪問し、訪問が適当かどうかの判断を行う。

・ 訪問の回数はニーズの内容による。

・ 身体介助が必要な方の場合、ヘルパー資格を持つ会話パートナーが担当する予定なので、決定に時間がかかる場合があります。また、身体介助が主な目的と判断される場合はお受けできかねます。

 

 

3. 利用料金

① 相談調整料:3000円(相談調整の結果、訪問が適当でないと判断された場合も、調整料はお支払い頂きます)

② システム利用料金:毎回300円(和音会員及びその家族は半額の150円)

③ 会話パートナー交通費:実費

④ 支払方法:定期訪問の場合:6ヶ月終了時にまとめて指定口座に振込み

       不定期訪問の場合:訪問目的終了時に指定口座に振込み

 

4. その他

 お問い合せやご連絡は下記の事務所にお願い致します。

なお、会話パートナーの訪問を希望する方は、言語聴覚士を通じて和音事務所にお申し込み下さい。

 

NPO法人・言語障害者の社会参加を支援するパートナーの会・和音

担当 田村・野副・林