リンク


 

 

各地にある失語症友の会の全国組織です。「言葉の海」という会報を発行しています。和音もシンポジウムや講習会のお手伝いをさせていただいています。平成26年11月1日に名称を改められ、活動の幅もよりいっそう広がりました。
 
 

言語聴覚士のいる施設を全国から検索することができます。
 
 
 

若い失語症の人たちが中心の作業所です。和音が企画した「会話支援リソース手帳」の製作販売を手掛けていただいています。
 
 
 
横浜失語症会話パートナーを養成する会
 横浜の有志が結成した会話パートナーを養成する会です。
 
 
 
ピクトグラム&コミュニケーション
 オフィス・スローライフより「ピックトーク」というシンボルコミュニケーションソフトウェアが発売されています。
 
 
 

コミュニケーション障害を持つ人の社会参加を支援し、人権を擁護する活動を行っています。
 
 
 

失語症の当事者である横田さんが自らの生活の工夫をブログとしてまとめられています。必見!
 
 
父と暮せば 

当会の理事でもあるフリージャーナリスト安田容子が失語症の父との暮らしについて綴っています。失語症記念館の中にあります。(お父様は2010年四月にご永眠されました。)
 
 
 

 失語症の当事者が自らの経験と思いを書き連ねています。
 
 
 

昭和58年設立の歴史ある長野県松本市の友の会です。
 
 

 

よっかいち失語症友の会

 
 
失語症リバイバル協議会

 「失語症リバイバル協議会」の目的は、「失語症の人々に、もう一度仕事をするチャンスをください」というものです。
特に60歳より若い世代の失語症の人にとっては、仕事に就くには色々な制約がありますが、経済的な面から見ても失語症の人々、また家族の人にとって必要不可欠なものだと思います。
また、仕事に就くためにその前段階としてやらねばならない自己破産・民事再生法・生活保護などにも触れています。